2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2010.11.01 (Mon)

過酸化脂質のこと

過酸化脂質とは、中性脂肪やコレステロールなどの脂質が活性酸素によって酸化されたものを言います。
癌や老化、動脈硬化などを引き起こすとされます。

酸化された脂質の総称で、身体にとって有毒となる物質です。
体内では、中性脂肪から活性酸素により酸化した過酸化脂質が細胞の中で活性酸素フリーラジカルを作りますが、更に過酸化脂質を発生させます。
血管内にたまったLDLコレステロールが酸化して発生した過酸化脂質は、動脈硬化などの原因となりますね。
また、皮脂が酸化してできた過酸化脂質は、皮膚の細胞を傷つけ、色素沈着やシワの原因となります。

体内での過酸化脂質を減らすには、活性酸素を抑える役割を持つ抗酸化物質が有効と言われています。
体内にはスーパーオキサイドディスムターゼ(SOD)やカタラーゼなどの抗酸化酵素、食物から摂取したビタミンCやビタミンE、ポリフェノール類、カロチノイド類などが抗酸化物質として存在しています。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい ジャンル : ヘルス・ダイエット

タグ : 栄養

19:36  |  栄養素  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。