2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2011.01.05 (Wed)

ナトリウムのこと

ナトリウムは、人体に必要なミネラルの一種で、主に食塩(塩化ナトリウム)のカタチで摂取されています。

成人の体内には、ほとんどが細胞の外の体液(細胞外液)に含まれています。
細胞外液の浸透圧を調節し、オイルマッサージ 神奈川のように細胞外液量を保つなどの役割があります。

通常、健康な人はナトリウムを欠乏することはないです。
ただし、摂りすぎるとむくみや口の渇き、高血圧、胃がん、食道がんのリスクを高めることは報告されています。
本来必要な1日の摂取量は2、3gほどですが、塩味の好みというものは習慣的なものなので、その摂取量に個人差も大きく、つい摂りすぎてしまうことも少なくありません。

カリウムを多く含む野菜や果物を一緒に摂取することで、ナトリウムの排泄を促進することが可能です。
摂取量の減少を目指すものとキッチリと位置づけられることもあり、リンパマッサージ 広島市中区的な目標量(食塩として)は成人男性で1日当たり10g未満、成人女性では8g未満と設定されています。
スポンサーサイト

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい ジャンル : ヘルス・ダイエット

タグ : 栄養

16:04  |  栄養素  |  編集  |  Top↑

2010.12.29 (Wed)

鉄のこと

鉄は、人体に必要なミネラルの一種で、成人の体内に約3gから5gが存在します。
そして、そのうちの約7割は、赤血球のヘモグロビンや筋肉中のミオグロビンに存在します。
残りの3割は、肝臓や骨髄、筋肉などに貯蔵鉄としてストックされています。

鉄が不足してしまうと、赤血球の中のヘモグロビンが減少し赤血球の数が減るので、酸素の供給が十分にできない状態となります。
これを鉄欠乏性貧血といいます。
集中力の低下や、頭痛、食欲不振などの症状がみられます。
また、筋肉中のミオグロビンが減少することで、筋力低下や疲労感といった症状も起こります。

必要量は、男女で異なり、女性は月経の有無や妊娠、授乳期にあるかどうかによっても左右されます。
通常の食事をおこなっていれば鉄を摂り過ぎるということはほとんどありません。
ただし、サプリメントなどで大量に摂取しすぎると、過剰症を起こします。

鉄には、肉や魚に含まれるヘム鉄と、野菜などに含まれる非ヘム鉄があります。
ヘム鉄は非ヘム鉄よりも吸収がよく、ヘム鉄を利用することで非ヘム鉄の吸収もよくなります。
また、動物性たんぱく質やビタミンCを一緒に摂ると吸収しやすくなります。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい ジャンル : ヘルス・ダイエット

タグ : 栄養

16:16  |  栄養素  |  編集  |  Top↑

2010.12.27 (Mon)

低栄養のこと

健康的に生きていくために必要な量の栄養素が摂れていない状態を低栄養と言います。
その中でも特に、たんぱく質とエネルギーが充分に摂取できていない状態のことを「PEM(Protein energy malnutriton)」(たんぱく質・エネルギー欠乏(症))と呼びます。

一般的に高齢になれば、食事の量が少なくなり、あっさりしたものを好むようになるので、食事に偏りが生じやすくなります。
このような食生活を長く続けてしまうと、たんぱく質やエネルギーが不足するので、PEMとなるリスクが高まります。
また、果物や生野菜、肉類をあまり食べずに、野菜類もよく煮たものしか口にしなくなることで、ビタミンやミネラル類も不足しがちとなります。
ほかにも固いものや繊維質の多いものを食べるのが難しくなるので、食物繊維が足りなくなることもあります。

高齢者では特にPEMが問題となっています。
寝たきりの人はその割合が高くなっています。
PEMは、血清のアルブミンの値が一定以下になっているか、また体重がどれくらいの割合で減少しているかといったことから判断されます。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい ジャンル : ヘルス・ダイエット

タグ : 栄養

17:34  |  栄養素  |  編集  |  Top↑

2010.12.22 (Wed)

たんぱく質のこと

たんぱく質は、炭水化物、脂質とともに三大栄養素のひとつに数えられています。
全ての動物および植物の細胞を構成する主要な成分です。
生体乾燥重量の約半分を占めます。
筋肉、臓器、皮膚、毛髪などの体構成成分、ホルモン、酵素、抗体などの体調節機能成分、豆、卵、肉、魚などの食品成分として重要であり、生命の維持に欠くことができないものになります。

三大栄養素の構成成分の中心は、炭素および水素となりますが、たんぱく質のみ約16%の窒素を含むことが特徴的です。
たんぱく質の種類は多くあり、各たんぱく質の構造、性状、働きは大きく違うのですが、いずれも20種類のアミノ酸が50から1000結合した化合物となっています。

食品たんぱく質は、アミノ酸の構成により体内での利用率が変わってきます。
良質たんぱく質食品とは、たんぱく質の含有量が多く、利用率の高いもののことを言い、卵類、肉類、豆類などが当てはまります。

たんぱく質欠乏症では、成長障害、体力や免疫力の低下などが起こります。
貧しい社会などにおいては主要な健康問題となります。
しかし、先進国だとしても、食事摂取量が低下した高齢者では同様の問題が見られます。
たんぱく質は、歴史的に不足の問題が主であったために過剰の問題に関して現状では知られていませんが、今後の研究により増えることも考えられます。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい ジャンル : ヘルス・ダイエット

タグ : 栄養

17:46  |  栄養素  |  編集  |  Top↑

2010.12.20 (Mon)

炭水化物のこと

炭水化物は、炭素と水素の化合物であり、たんぱく質、脂質と並んで三大栄養素のひとつに数えられています。
食物として体内に取り入れられエネルギー源となる糖質、体内の消化酵素では消化できない食物繊維があり、そのなかで糖質は単糖類、少糖類、多糖類に分類されます。

単糖類はそれ以上分解されない糖類でです。
ブドウ糖(グルコース)、果糖(フルクトース)、ガラクトースがあります。

少糖類は単糖が2つ以上結びついたものをいい、多糖類ほどは分子量が大きくないものになります。
オリゴ糖と呼ばれたりもしますが、定義はややあいまいで、実際には二糖類を含めるケースと、三つ以上の糖が結びついたものを指すケースもあります。

二糖類にはショ糖(ブドウ糖+果糖)、麦芽糖(ブドウ糖+ブドウ糖)、乳糖(ブドウ糖+ガラクトース)などがあります。

多糖類は、またそこから消化性多糖類と難消化性多糖類に分かれます。
消化性多糖類にはでんぷん、グリコーゲンなどがありますが、難消化性糖類は食物繊維の仲間となります。

不足してしまうと、エネルギー不足による疲労感や集中力の減少が見られます。
また、ブドウ糖が必要な脳や神経で供給不足が起こると、意識障害を起こすこともあります。
逆に過剰に摂取した場合、エネルギーとして消費されなかった糖質は中性脂肪として蓄積されるので、肥満や生活習慣病の原因となります。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい ジャンル : ヘルス・ダイエット

タグ : 栄養

17:35  |  栄養素  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。